事例紹介

夢華はす隊さま

地元の花・はすを大プリント

オーダーよさこい屋/よさこい衣装製作事例/夢華はす隊
チーム名 夢華はす隊
地域 福井県
セット内容 納品日 2005年7月 2006年4月 追加制作 素材 長半天・はちまき・鳴子入れ・小物入れ---ポリエステル100% バックサテンストレッチ 一着の金額 (参考):長半天 約15.000円 ~ 小物セット 約2.500円~ (パターン代、生地、縫製、製版、プリント込みの参考価格です。) ※つくる数量によっても価格はかわります
制作日数 デザインうちあわせも含め、納品まで1ヶ月

【マークプリント】・・・「やっぱりキレイ!プロのプリント」 白地に紫プリント
「ラメ・シルクプリント」紫地に銀ラメプリント
【プリント位置・大きさ】・・・「D」「E」タイプ
【はちまき】・・・共布リバーシブル
【鳴子入れ】・・・・2個組み・腰紐セット
【小物入れ】・・・特注・マジックテープ使い

縦120cm×横62cm(肩部分は20cm)のシルクスクリーン・プリントです。縫製前のパーツ生地でプリントするため左肩から背中にかけての柄が実現。前の裾にははすの花が入っています。柄はお客様とうちあわせをして、はすの花とチームロゴの組み合わせに。柄はよさこい屋でおつくりしました。

【長半天】
よさこい屋オリジナル半天は、箱っぽさをなくした前後に差がある半天です。袖の見返しには左右の袖の反対色を使いました。襟を2色重ねにし、その細さ、ラインは女性らしい細かい希望があり、襟元がとてもきれいな半天になりました。
【はちまき】
襟に使った赤・緑の共布でリバーシブル仕様。「折り返して反対の色をみせて使いたい」とのことで、やや巾広のはちまきになりました。
【鳴子入れ】
こちらは紫の共布。ベルトを通し、腰で結ぶ形。衣装に縫い付けないタイプなので、メインの衣装が変わっても鳴子入れは使用することができます。
【小物入れ】
鳴子入れのほかに、もうひとつ袋ものが欲しいとのことで、少し大き目の小物入れをお作りしました。マジックテープ使いで、踊っていても中のものがとびでません。移動中の携帯電話やお財布も余裕で入ります。

2006年4月には早くも追加オーダーをいただきました。チームも盛り上がっているようですね^^。

店長ブログより:
「夢華はす隊さん」
http://plaza.rakuten.co.jp/naokuma/diary/200510300000/

同じデザインで子供サイズも。かわいいですね!

同じデザインで子供サイズも。かわいいですね!

長半天の前後

長半天の前後

大プリントはこんなに大きな版でプリントします。 裁断した白生地に紫色でプリント中。

大プリントはこんなに大きな版でプリントします。
裁断した白生地に紫色でプリント中。

襟と共布の赤・緑でリバーシブルにしたはちまき

襟と共布の赤・緑でリバーシブルにしたはちまき

紫の共布でつくった鳴子入れ(腰紐セット)

紫の共布でつくった鳴子入れ(腰紐セット)

マジックテープでとめられる小物入れはやや大きめ

マジックテープでとめられる小物入れはやや大きめ

 

TOPへ