ブログ

錦鯉が目をひく迫力の大旗:スペシャルオリンピックスさん

2020.5.13

スペシャルオリンピックスさん(新潟県)のよさこい旗をご紹介します。

スペシャルオリンピックスのよさこい旗

===========================

チーム名:スペシャルオリンピックス
地域:新潟県

 

●よさこい旗
サイズ:3m×4.5m
生地:ポンジ生地
仕様:左辺ハトメ3ヶ所、撥水加工あり

 

●アルミポール

 

制作日数:デザイン決定後から約3週間

===========================

 

旗を作るきっかけ

毎年7月に小千谷市の大きな神社の祭礼でよさこいのイベントを行っております。2018年から、旗だけの演舞もやるようになり、6チームの旗振りの人たちが競演します。それぞれ1~4本旗があり、スペシャルオリンピックさんが持っている旗は1本だったんですが、今年は2本にしたいとご相談いただきました。

 

スペシャルオリンピックスさんは、知的障害をもつ方と、その保護者の方によるチームさんです。今回旗を振るのは、支援学級の生徒です。担当者のYさんも支援学校の教員ですが、趣味の団体として楽しくよさこいを踊っています。小千谷市で活動しているのは7チームですが、よさこいは盛り上がっていて、楽しく頑張っています。

 

 

GW明けに素敵な手書きのデザインが届きました。「ステキな旗ですね」と聞いてみると、なんと旗を振る子がデザインしたとのこと!このデザインを元に、よさこい屋でデザイン修正しました。

 

グラデーションで陰影をつけて立体的に、鯉の柄も錦鯉を見ながら付けていきました。とても目をひき迫力のある大旗に仕上がりました。デザインを確認してもらったところ、嬉しいコメントが^^

*************************

原画の鯉は描いた訳ではなく、パソコンで、錦鯉を画像検索して貼り付けて作ったんですが、その画像が「ドイツ鯉」だったそうで。それしか見つけられなかったんでしょうね。それが、「和鯉」になっていて嬉しい‼と喜んでいたそうです。そこらへんがマニアですよね。私にはドイツ鯉か和鯉かの違いは分かりませんが、とにかくその子はそれで大満足でした。
あの鯉が小千谷の空に舞うところを想像するとワクワクします😊

*************************

おぉ!ほっこりしながらメール拝見させていただきました。旗のデザイン喜んでいただけたようで、私も嬉しいです^^マニアックさ(笑)をみると男の子だな~と感じちゃいました。

 

旗を振る子が初めてなので、ポールだけでも先にあれば振る練習をしたい。とのことで、ポールは早めにお送りしました。

 

納品後、嬉しいコメントも頂きましたのでご紹介します。

*************************

このたびは、大満足な素晴らしい旗を制作してくださって、本当にありがとうございました‼‼今日の練習で、出来上がった旗をみんなで広げて写真を撮ったりしました。「小千谷だから他にも錦鯉をモチーフにしてるチームあるけど、ここまでのインパクトはないよね」と、感嘆しきり。

 

錦鯉の男の子には、「“旗師”のユニホームだよ!」と言ってTシャツをあげました‼とーっても嬉しそうでした‼お母さんも、「世界に一つだけのTシャツだね!」と大喜び。その上、まさかのトートバッグまでいただけるなんて、私も大感激でした😄‼旗を振るときに使うグローブなど、自分の道具いれにするよう言って、手渡してあげました😊ちなみに私は、送っていただいた旗のデータを、スマホの画面にしています。

*************************

私も自分の絵で旗を振れることになったらテンション上がって頑張っちゃいますね。本番きっと素晴らしい演舞になったことでしょう。スペシャルオリンピックさんありがとうございました。

 

よさこい旗についてはコチラから>>>

 

 

スタッフ 竹下