プリント

プリントの技法とインクの種類

インクの違い・・・「染料」と「顔料」

染料は繊維にインクがしみ込むイメージ。顔料はのりでインクを布にはりつけるイメージです。
「染料」と「顔料」は素材や柄により使い分けます。また、「染料」と「顔料」では印刷の工程が異なるので、使用するインクによって工場の設備がかわります。

たとえば、版(型)を使うプリントは染料も顔料も使用できますが、業界で一般的なのは顔料でプリントするものを「シルクスクリーンプリント」と呼ぶことが多く、染料を使うものは「本染め」「捺染」と呼ぶことが多いです。版(型)を使い1色ずつプリントする仕組みは同じですが、乾燥や水洗などの工程が異なるため呼び分けていると思われます。

シルクスクリーンプリント

カッティングプリント

昇華転写

インクジェットプリント

本染め

生地染め(一反染め)

 

金の表現

銀プリント

金ラメ・銀ラメ

グラデーション・ぼかし

にじみ・ムラ

生地を染める

サイズごとにベストなプリント位置

TOPへ